• TOPページ
  • ふるさと納税 返礼品詳細 名護市で育てたバニラビーンズ(3本)【沖縄華如拉珈琲】

  • 特産品名
    名護市で育てたバニラビーンズ(3本)【沖縄華如拉珈琲】
    寄付金額
    10,000円以上の寄付で貰える
    取扱時期
    通年
    提供元
    沖縄華如拉珈琲
    特産品内容
    バニラビーンズx3本
    商品コメント
    約15cm前後のバニラビーンズ3本(およそ40グラム)をお届けします。

    名護市で育てたバニラから収穫したバニラのさやを、丁寧に乾燥させて作っています。
    封を空けた瞬間漂う、甘いバニラの香りがお楽しみいただけます。

    お菓子や特別なお料理に、甘い香りを添えてください。

    沖縄名護産バニラは純粋の自然栽培で消毒、化学肥料を行いません。
    沖縄県の島々には100種類あまりの野生ランが生息するランの宝庫なのです。

    バニラはラン科植物で唯一つる性で沖縄には50年あまりの歴史があります。沖縄華如拉珈琲では、その歴史を受け継いでこれからも継承して参ります。


    南国ランの代表「バニラ」

    蘭の島おきなわは、野生蘭が数多く生息しています。なんと100種類を越す野生蘭が生息していると言われています。
    世界的にも有数のラン科植物に包まれる「南の楽園」と言っても過言ではありません。
    亜熱帯でも類い稀な数字は、第二位の東京都に自生するラン35種の三倍多く、沖縄は大昔から第一位を誇っています。

    バニラは「南国ラン」のひとつ。
    南国おきなわは、バニラを栽培するのに最適な環境なんです。
    大切な事は、沖縄には植物の天敵である病原菌と害虫が全く存在しないこと。
    バニラとコーヒーは、沖縄で栽培するとき「消毒作業が必要ない」というとても恵まれた環境なんです。

    また、バニラはメキシコ~中央アメリカが原産地ですが、現在の生産国はアフリカのマダガスカル。マダガスカル産のバニラは、質と量共に抜きん出ています。

    バニラは昔から高額で売買されていて、収穫期は警備員がバニラビーンズを監視しているほど高価なもの。
    とても価値の高い農産物とされています。




    「沖縄華如拉(バニラ)珈琲」について

    「沖縄華如拉珈琲」では、バニラとコーヒーの栽培を行っています。
    南国ランの代表バニラと「沖縄華如拉珈琲」の農園主さんとの出会いは、およそ30年前。
    沖縄の山野に咲くラン「報歳蘭」「寒蘭」「名護蘭」等に興味を抱き、様々な野生蘭を育てていた農園主さん。
    様々な試行錯誤を経て、現在はコーヒーとバニラの栽培・商品化を行っています。

    バニラは開花と同時にセルフ交配をします。
    花が開いているのは早朝の30分のみ。花がすぐにしぼんでしまうので、交配の時期は多忙を極めます。

    バニラは、インゲン豆に似た豆が実を付けます。これがバニラビーンズです。
    バニラビーンズ収穫後の発酵培養は乾燥に手間がかかり、およそ6ヶ月を要しますが、
    丁寧に、手間ひまかけてひとつひとつバニラビーンズを作っています。

    「沖縄華如拉珈琲」は、コーヒー栽培をハウス内で行っていて、およそ30年が経過しましたが、コーヒーの木にバニラを這わす栽培方法を継続しています。
    バニラとコーヒーが一体化した沖縄華如拉珈琲(オキナワバニラコーヒー)に社名を決めました。


    【地場産品基準について】
    名護市で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

    特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
    また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。