• TOPページ
  • ふるさと納税 返礼品詳細 【100%名護市産】コーヒー(粉)100g×2袋

  • 特産品名
    【100%名護市産】コーヒー(粉)100g×2袋
    寄付金額
    10,000円以上の寄付で貰える
    取扱時期
    通年
    提供元
    沖縄華如拉珈琲
    特産品内容
    沖縄華如拉珈琲(粉)
    100g×2袋
    商品コメント
    100%名護市産のコーヒー豆から作った「沖縄華如拉珈琲(オキナワバニラコーヒー)」のコーヒー豆(粉)をお届けします。
    沖縄名護産コーヒーの香りをお楽しみ下さい。

    明治24年に渡来したコーヒーは、名護市などやんばるで古くから育まれて参りました。
    今、中核を占めるのがアラビカ種「ニューワールド」です。毎年優秀な果実を選定し代々選び抜いた樹種を育て上げています。

    また、沖縄ではコーヒーの木に害虫がつかないため、消毒作業を行っておりません。
    安心・安全にお飲みいただけるコーヒーです。

    花が大きく果実が立派な生豆を収穫し味とこく、香りに深みが宿るコーヒーを目指しています。
    二人前20gから淹れて戴ければ幸いです。ブラックがお勧めです。


    「沖縄のコーヒー」の歴史

    昭和61年(1986)具志川市の和宇慶朝伝氏のご自宅に伺いコーヒーを飲んだ。和宇慶朝伝氏は、沖縄で初めてコーヒー栽培を始めたと言われている方。
    和宇慶朝伝氏の珈琲は一杯500円だった。千円札を出すと直ぐ500円玉のお釣りが出てさっさと飲んで早く帰れと言わんばかりの態度にどうにか打開策を思い、「先生お代わり」カップと500円玉を出すと、にこやかな雰囲気に一変し「そんなに美味しいか?二杯目はお金はいらない」と更に苦味を増すコーヒーが戴けた。

    翌年、昭和62年(1987)恩納村の山城武徳先生のご自宅に参上した。山城武徳先生は、和宇慶朝伝氏の教えを受けてコーヒー栽培を始めたいわゆる「後継者」。
    淑子奥様が対応下さり「間もなく戻ります、上がってお待ち下さい」とソファーに案内され待っていると「どうぞ主人のコーヒーです」素敵な香りの上品な美味しいコーヒーを戴くことになった。まろやかな中に甘味が漂うが、しっかりコクが伝わる最高のコーヒーだった。
    沖縄華如拉の農園主は、山城武徳先生を師と仰ぎコーヒー栽培をスタートした。




    「沖縄華如拉(バニラ)珈琲」について

    「沖縄華如拉珈琲」では、バニラとコーヒーの栽培を行っています。
    南国ランの代表バニラと「沖縄華如拉珈琲」の農園主さんとの出会いは、およそ30年前。
    沖縄の山野に咲くラン「報歳蘭」「寒蘭」「名護蘭」等に興味を抱き、様々な野生蘭を育てていた農園主さん。
    様々な試行錯誤を経て、現在はコーヒーとバニラの栽培・商品化を行っています。

    バニラは開花と同時にセルフ交配をします。
    花が開いているのは早朝の30分のみ。花がすぐにしぼんでしまうので、交配の時期は多忙を極めます。

    バニラは、インゲン豆に似た豆が実を付けます。これがバニラビーンズです。
    バニラビーンズ収穫後の発酵培養は乾燥に手間がかかり、およそ6ヶ月を要しますが、
    丁寧に、手間ひまかけてひとつひとつバニラビーンズを作っています。

    「沖縄華如拉珈琲」は、コーヒー栽培をハウス内で行っていて、およそ30年が経過しましたが、コーヒーの木にバニラを這わす栽培方法を継続しています。
    バニラとコーヒーが一体化した沖縄華如拉珈琲(オキナワバニラコーヒー)に社名を決めました。


    【地場産品基準について】
    名護市で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

    特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
    また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。