• TOPページ
  • ふるさと納税 返礼品詳細 【元祖・ソーキそば我部祖河食堂】ふるさとセット 4食入り

  • 特産品名
    【元祖・ソーキそば我部祖河食堂】ふるさとセット 4食入り
    寄付金額
    10,000円以上の寄付で貰える
    取扱時期
    通年
    提供元
    特産品内容
    ・自家製麺 200g×4
    ・スープ 350cc×4
    ・ソーキ (ソーキ1個/軟骨2個)×2
    ・三枚肉 (三枚肉3個/軟骨1個)×2
    ・紅生姜 7.7g×4
    商品コメント
    緑多き山原地、羽地内海近くに位置した我部祖河食堂本店で生まれた「ソーキそば」。
    沖縄県内でも人気のある元祖・ソーキそばセットをお届けします。

    誕生から50年以上たった今日では「沖縄そばの横綱」とも言われている、我部祖河食堂自慢の一品です。
    ぜひ、ご賞味ください。




    【ソーキそば】

    豚のあばら骨のことを、沖縄では「ソーキ」といいます。
    そのソーキが軟骨と一緒に沖縄そばにのっていることから、ソーキそばとネーミング。

    ソーキそばと軟骨を秘伝の甘タレでじっくり時間をかけて煮込み、スープは上澄みの脂とアクをこまめに引き、こってりとした中にもヘルシーに仕上がっています。
    ボリュームがあり、しっかりとお肉を食べたい方にお勧めです。
    創業当時から我部祖河食堂の人気メニュー!!


    【三枚肉そば】

    豚のバラ肉を沖縄では、肉の断面が肉・脂・皮と三層になっていることから「三枚肉」と呼ばれています。
    秘伝の甘タレでじっくり長時間かけて煮込んだ三枚肉をトッピングしました。
    脂身が好きな方にはお勧めです!


    【おすすめの食べ方】

    ①まず、お鍋を2つ用意します。
    (※ひとつは、麺を湯がくため。もう一つは、お肉を温めるためです。)両方の鍋に水を入れて温め、沸騰させます。

    ②沸騰したら、お肉のパックとスープをそのままお湯に入れて、温めます。(約4~5分)お肉とスープを温めている間に、もう一つの鍋で麺を湯がいていきます。

    沸騰したお湯の中に、パックを開けて、麺を入れます。(10秒ほど、ほぐします。)(慌ててほぐすと麺が切れるので注意。温めすぎも禁物です。)

    丼ぶりに麺を盛り付け→お肉をトッピング→スープを入れる→完成♪♪


    ソーキそばの独りごと。


    わたしの名前は(ソーキそば)です。
    生まれは緑多き山原地、羽地内海近くに位置した我部祖河食堂本店です。
    その昔、わたしの名付け親でもあります、我部祖河食堂主人(会長・金城源治)が、精肉店と小さな食堂を営んでいたある日、手近にあったソーキブニ(骨)を、長い時間をかけて煮込み、味付けをし、沖縄そばにのせてお客様をもてなしたところとても好評でした。
    以来、この私が目当てのお客様増え、主人はソーキブニ(骨)を始め、スープに、麺にと美味への努力を重ね、わたくし(ソーキそば)の誕生となりました。
    五十年たった今日では、沖縄そばの横綱とも伝われておりますわたしが、県内はもちろんのこと、県外にもその名を知られるところでございます。
    これからもソーキそばの元祖として、沖縄そばの普及と繁栄に主人共々微力ながら努力してまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。






    ※賞味期限が短い為、不在日・受取不可日等がある場合、必ず備考欄のメッセージにご入力ください。

    ※やけどには十分、注意してください。
    ※ストレートスープですので、煮詰めすぎにご注意下さい。
    ※レンジ使用の場合は、別の容器に入れて温めてください。
    ※賞味期限は冷蔵で14日間(お早めにお召し上がりください。)
    ※段ボール箱に賞味期限のラベルが貼られています。


    【地場産品基準について】
    名護市で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

    特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
    また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。